WE ARE WEB DESIGN TEAM

     

中小企業・小規模事業者のためのWeb制作所として
ホームページと各種コンテンツの制作をワンストップでお任せいただけます

お取引先の皆様へ

News

ご提供サービス

Our service

WEBSITE CREATION

ウェブサイト制作
       

Googleが推奨している「レスポンシブウェブデザイン」というモバイルフレドリーを実現する制作手法を用いて、PCとスマートフォンの両デバイスに対応(画面サイズに応じて表示するコンテンツを最適化)したウェブサイトをご提供しています。はじめて開設される小規模なサイトや縦長1ページで完結するシングルページにもおすすめです。ご要望に応じたデザインと機能の実装はもちろん、リリースまでの全工程をお任せいただけます。



GRAPHIC DESIGN

グラフィックデザイン
       

WebとDTP(紙媒体)のデザインワークに対応しています。サイト内で使用する画像や動画、ロゴ・アイコンなどの制作はもちろん、パンフレットやリーフレット、チラシ、ポスターなどの制作も行っています。また、撮影やライティングの手配も可能ですので、ご予算や目的に応じてご利用ください。


制作における特徴

Feature

マーケティング視点

業種業態を問わず、どのような案件であってもビジネスの目的とターゲットユーザー、そしてご予算に合わせた仕様の検討・ご提案を行っております。

リーズナブルな価格設定

オンライン対応で完結する案件が多いため、営業活動における余分なコストが不要です。また、大手よりも低めの人日単価を設定しております。

幅広いデザインワーク

ウェブサイトに必要なコンテンツ(画像や動画、ロゴ、アイコンなど)の制作はもちろん、ご要望に応じて印刷物デザインにもご対応いたします。

運用面も安心のサポート

CMS導入サイトのセキュリティアップデート対応などの保守作業やドメイン・サーバー管理など、ノンコア業務はすべてお任せいただけます。

よくあるご質問

Faq

ホームページの制作料金の目安を教えてください
     

小規模サイトであれば以下のような費用感になります。PCとスマートフォンの両デバイスに対応(画面サイズに応じて表示内容を最適化)させたサイトをご提供しています。ご予算に応じた案件対応が可能ですので、ご要望の仕様がある程度決まっている場合はお気軽にご相談ください。

                                                                                                    
規模 制作料金 最短納期
縦長シングルページ24万円~14営業日
5ページ 40万円~ 20営業日
10ページ52万円~26営業日
15ページ + CMS導入・組み込み80万円~ 40営業日
ホームページを公開するために必要なものを教えてください

インターネット上にサイトを公開するためには、最低限「ドメインとサーバー」が必要になります。ドメインはURLとして設定することでページの位置を示す役割をもっています。また、サーバーはインターネットを通じて情報やサービスを提供するコンピューターをいいます。そのサーバーにHTMLファイルをアップロードすることでサイトを公開することができます。

ドメインは住所、サーバーは土地、ホームページは家とイメージされると分かりやすいのではないでしょうか。

ホームページの維持に最低限必要なランニングコストを教えてください

ドメインとサーバーの1か月あたりの利用料金は、国内では小規模サイト向けで数千円から1万円近く、高負荷なECサイト向けで2万円前後の価格帯がよく見られます。弊社では、ドメイン、サーバーおよびSSLの利用料金に各サービスの契約手続きから初期設定、メールアカウントの発行・削除までの作業代行を含めて、1か月 5,500円(最低契約期間:1年間)からご用意しています。

ホームページのセキュリティ対策に「SSL」を入れたほうがよいでしょうか

SSLは、Secure Sockets Layer(セキュリティ・ソケット・レイヤー)の略です。SSLはインターネット上のデータ通信を暗号化することで、第三者による盗聴や改ざんを防ぐ仕組みをいいます。全ページ常時SSL化(https化ともいいます)することは、セキュリティ強化だけではなく、検索結果にサイトが上位表示されやすいメリットがあります。SSLの利用料金は用途や認証レベルによって異なりますので、サイトの運営目的に応じたものをお使いいただくことをお勧めいたします。

ホームページの制作業務を依頼する際に発注者側で用意するものを教えてください

ご発注の際は以下のご用意をお願いいたします。なお、属性型JPドメインの取得代行が案件に含まれる場合、最新の履歴事項全部証明書を追加してください。

  • 見積書兼発注書(ご記名またはご捺印いただいたもの)の控え
  • 見積金額の50パーセント以上の着手金
  • ご支給いただける原稿や資料、素材(写真やロゴ、イラストなど)
ホームページを自社更新できる「CMS」とはどのようなシステムでしょうか

CMSは、Content Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略です。世界シェアトップのWordPress(ワードプレス)は、オープンソース型のCMSとして有名です。CMSを使ってサイトを構築した場合、複雑なソースコードを記述することなく、管理画面からの直感的な操作により記事や画像などのコンテンツを追加・編集できるため、サイト更新作業の内製化が可能になります。スピーディかつタイムリーに情報発信するコーポレートサイトやサービスサイトにもおすすめです。

ホームページに「CMS」を導入すると定期的なメンテナンスが必要になりますか

サイトが安全かつ最適な状態で常時動作するように、運用開始後はCMS本体および各種機能のアップデートが必要になってきます。また、アップデートの際には不具合修正やサーバー側の作業などがありますので、テクニカル部分を弊社にお任せいただく「保守サポート(最低契約期間:1年間)」のご利用を強くお勧めいたします。弊社では、1か月 44,000円からご用意しています。

法人はどのようなドメインを取得できるのでしょうか

日本国内で登記されている会社や組織団体の場合、「属性型JPドメイン」が取得できます。co.jp(株式会社や有限会社、合同会社、合資会社など)、or.jp(財団法人や社団法人、特定非営利活動法人、農業協同組合など)、ac.jp(学校法人や高等教育機関など)、go.jp(政府機関など)など、組織種類によって区別されたドメインがあります。